FUCHS(フックス)は、1931年ドイツ マンハイムに設立。以来欧州から拡大を続け、世界80社、数千人の従業員でスペシャリティー製品を中心に世界最大の独立系潤滑剤グループです。
ENGINE OILS
GEAR OILS

History
歴史

1931
Founding of the RUDOLF FUCHS Company in Mannheim.
マンハイムでのラドルフフックス社の設立。
Import and sales of high-quality pennsylvanian refinery products.
高品質なpennsylvanian精製所製品の輸入と販売。
Development of a regional motor oil business.
地方のモーターオイル企業の発展。
1936
Start of in-house production.
自家生産の始まり。
Opening of first off-site facility in Munich.
最初に、ミュンヘンのオフサイト設備の始まり。
1939
War breaks out.
戦争は勃発します。
Importation of pennsylvanian oils interrupted.
pennsylvanian油の輸入は中断しました。
Traditional oil suppliers go out of business.
伝統的なオイルの供給者は倒産します。
Company moves to the Mannheim industrial harbor and opens a sales office in Austria.
会社は、マンハイム産業用の港に引っ越して、オーストリアの営業所をオープンします。
1945
War ends.
戦争は終わります。
Sales bottom out at 1,021 metric tons.
販売は1,021メートルトンで底につきます。
1946
Rebuilding of operation in Mannheim.
操作はマンハイムで再建されます。
First chemist and engineering specialist hired.
雇われた最初の化学者と工学専門家。
1947
Development of sales organization.
販売組織の発展。
Focus on supplying industry for rebuilding;
産業を再建に供給するのは焦点を合わせてください。
the industrial business surpasses FUCHS motor oil sales for the first time.
産業ビジネスは初めて、フックスモーターオイル販売を凌ぎます。
1948
FUCHS lubricants promoted at German automobile race courses.
フックス潤滑剤はドイツ人の自動車人種でコースを促進しました。
1949
Rudolf Fuchs and the German truck industry develop an HD oil for diesel engines.
ラドルフ・フックスとドイツのトラック産業はディーゼルエンジンのためにHDオイルを開発します。
1952
Number of employees exceeds 200.
就業者数は200を超えています。
First shipments to the Middle East.
中東への最初の積荷。
1959
Death of company founder Rudolf Fuchs.
会社の創設者ラドルフ・フックスの死。
Company continues as a family business.
会社は家業として続きます。
1960
Expansion of sales offices in Europa.
エウロペの営業所の拡大。
Major construction projects at the Mannheim and Hannover facilities.
主要な工事はマンハイムとハノーバー施設で突出しています。
Manfred Fuchs joins the management board.
マンフレッド・フックスは取締役会に加わります。
1966
Exports of industrial speciality products accelerate.
産業特産品の輸出は加速します。
Additional foreign offices open in many European countries.
追加外務省は多くの欧州諸国で開きます。
1968
First step to make the company international in scope with the founding of subsidiaries in France and Spain.
範囲で会社を国際的に子会社の設立がフランスとスペインにある状態でする第一歩。
1971
Growing specialization of the product line.
製品ラインの増加している専門化。
In Mannheim, 33 employees now work in Research, Development, and Quality Assurance.
マンハイムでは、33人の従業員が現在、Research、Development、およびQuality Assuranceで働いています。
1972
FUCHS becomes a group of companies.
フックスは企業グループになります。
The German business is spun off and made independent as FUCHS MINERALOELWERKE GMBH.
ドイツのビジネスを付随的に生み出して、FUCHS MINERALOELWERKE GMBHとして独立するようにします。
RUDOLF FUCHS GMBH & CO. acts solely as a holding company.
RUDOLF FUCHS GMBHとCO唯一、持株会社として、機能します。
Strong expansion defines the period from 1972 to 1991.
強い拡大は1972年から1991年までの期間を定義します。
Investment acquisitions are made every year.
毎年、投資獲得をします。
1975
Founding of FUCHS BETEILIGUNGSGESELLSCHAFT KG in Mannheim and initial opening of the Group for outside investors by private placement of limited partner’s shares.
マンハイムのFUCHS BETEILIGUNGSGESELLSCHAFT KGの設立と外部の投資家のためのGroupの初期の始まりは有限社員の私募で共有されます。
1976
Consolidation of foreign activities in the newlyfounded FUCHS INTEROIL GMBH in Mannheim.
マンハイムのnewlyfounded FUCHS INTEROIL GMBHの外国活動の強化。
1981
Company celebrates its 50th anniversary.
会社は50周年を祝います。
Founding of FUCHS PETROLUB AG in Frauenfeld, Switzerland.
フラオエンフェルト、スイスでのフックスPETROLUB AGの設立。
Acquisitions and new business starts in Germany and other countries.
ドイツと他国における獲得と新しいビジネス始め。
The company, which originally operated almost exclusively in Germany, becomes a diversified Group with a global reach, now comprising 80 production and trading companies.
会社(元々、専らドイツで作動した)はグローバルな範囲がある様々なGroupになります、現在80の生産と商事会社を包括して。
1984
Transformation of the Mannheim-based FUCHS BETEILIGUNGSGESELLSCHAFT KG into FUCHS PETROLUB AG OEL + CHEMIE and consolidation of all German affiliates in this corporation.
FUCHS PETROLUB AG OEL+CHEMIEへのマンハイムベースのFUCHS BETEILIGUNGSGESELLSCHAFT KGの変化とすべてのドイツ人の強化はこの会社で合併されます。
1985
Introduction of preferred shares of FUCHS PETROLUB AG OEL + CHEMIE on the Frankfurt and Stuttgart stock exchanges.
フランクフルトとシュツットガルト証券取引所におけるFUCHS PETROLUB AG OEL+CHEMIEの優先株の導入。

The first rapidly biodegradable PLANTO product, a chain saw oil, enters the market.
まず最初に急速に、生物分解性物質PLANTO製品(チェーンソー油)は市場に入ります。
Development of our comprehensive product line based on natural raw materials began in the late 1970’s.
自然な原料に基づく私たちの包括的な製品ラインの開発は1970年代後半に始まりました。
1988
Cornerstone laid for the new administration building for the Mannheim Holding Company.
礎石はマンハイムHolding社のために建てられる新政権のために置かれました。
1991
Conclusion of the expansion phase with important acquisitions in England and France.
イギリスとフランスでの重要な獲得との拡張局面の結論。
Start of a consolidation phase that will last into the second half of the 1990’s.
1990年代の後半まで持続する強化フェーズの始まり。
Focus on the core lubricant business.
コア潤滑剤ビジネスに焦点を合わせてください。
1997
Consolidation of the German and Swiss Group holding companies under the umbrella of the German FUCHS PETROLUB AG in Mannheim with stock exchange listings in Frankfurt, Stuttgart, and Zurich.
証券取引所リストがフランクフルト、シュツットガルト、およびチューリッヒにあるマンハイムでのドイツのFUCHS PETROLUB AGのかさの下のドイツの、そして、スイスのGroup持株会社の強化。
1999
With the founding of FUCHS EUROPE, integration of Western European companies outside Germany is accelerated.
フックス・ヨーロッパの設立で、ドイツの外の西洋のヨーロッパの会社の統合は加速されます。
Stefan Fuchs is appointed deputy member of the executive board.
ステファン・フックスは執行委員会の副メンバーに任命されます。
2000
FUCHS PETROLUB AG becomes the world’s largest supplier of lubricants among the independent producers, with sales of 900 million euros and 4,000 employees.
FUCHS PETROLUB AGは独立しているプロデューサーの中で世界の潤滑剤の最も大きい供給者になります、9億ユーロの売り上げと4,000人の従業員と共に。
Additional office space is built at company headquarters in Mannheim to accommodate all employees.
追加オフィススペースは、全社員を収容するためにマンハイムの会社の本部に建てられます。
2001
Start-up of the fully-automated logistics center of FUCHS DEA SCHMIERSTOFFE GMBH & CO. KG.
スタートFUCHS DEA SCHMIERSTOFFE GMBHとCO KGの完全に自動化されたロジスティクスセンターを上がります。

FUCHS and DEA to terminate joint venture in view of the merger of the refining and marketing operations of SHELL (Germany) and DEA.
洗練されることの合併とシェル(ドイツ)とDEAのマーケティング活動から見て合弁事業を終えるフックスとDEA。
2004
Dr. Manfred Fuchs, who has led the company for 41 years and made it into one of the world’s leading lubricant producers, is to retire as Chairman of the Executive Board.
マンフレッド・フックス博士(41年間会社を率いて、世界の主な潤滑剤プロデューサーのひとりにそれを作りかえた)は執行理事会の委員長を退任することになっています。
He will be succeeded by his son, Stefan Fuchs.
彼は彼の息子、ステファン・フックスによって後任となられるでしょう。